1歳におすすめロングセラー絵本18選&父母500人ランキング

「こどもが1歳の時期におすすめの人気の絵本はなんだろう?」と探すこともありますよね。

ロングセラーにもなっていて定評がある絵本、それでいて子供の成長につながるような刺激を与える絵本を読み聞かせたいと思うママやパパも多いのではないでしょうか?

一言にロングセラー絵本と言っても1歳児にピッタリな絵本を探すことは中々難しいからこそ、先輩ママやパパが実際に読み聞かせをしてオススメできる絵本を知りたい方も多いはず!

この記事では、ママ・パパ500人が選ぶ1歳児におすすめのロングセラー絵本18選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

1歳児におすすめのロングセラー絵本人気ランキング

1歳児におすすめのロングセラー絵本ランキング

まずは、1歳児におすすめのロングセラー絵本人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『ママパパ500人が選ぶ1歳児におすすめのロングセラー絵本』によると、1位は『だるまさんシリーズ(116票)』、2位は『はらぺこあおむし(98票)』、3位は『いないいないばあ(96票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、1歳児におすすめのロングセラー絵本を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/116人がおすすめ

【1位】だるまさんシリーズ

935円 (2021/06/23 19:06:36時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 かがくい ひろし
出版社 ブロンズ新社
発売日 2008年1月1日
価格 935円

何度読んでも飽きないようで、いつも笑う

絵が大きくわかりやすいようです。また可愛らしい絵で、大人も一緒に楽しんでいます。

だるまさんの姿形が変わるのが面白い様子で、何よりだるまが転んで「どて!」というのが楽しいらしく、何度も読んでいるのに毎回大笑いしています。

「好きな本を持っておいで」と言うと、この本を選んで持ってくることが多いので、本当に好きなんだと思います。

優しさが溢れる絵本なのでおすすめします。

yuzushio7さん/30代/女性


1つ1つがシンプルで大きな動きなので、1歳でも理解し易く楽しくマネできる

「だるまさんが」がオススメです。親世代には「だるまさんが転んだ」という遊びがなじみ深いものですが、この絵本の中では色々な動きが楽しめます。

その動きも1つ1つがシンプルで大きな動きなので、1歳でも理解し易くマネができます。

読みながら身体を動かして遊ぶこともできるので、一石二鳥です。

イラストもふわっとした優しい感じで、読んでいて癒されます。

hiro_ogさん/40代/女性

動きをつけながら読めて子供がとても喜ぶ

「だるまさんが」は、だるまさんシリーズの第一弾で、他にも「だるまさんの」と「だるまさんと」があります。

だるまが左右に揺れているイラストと共に、一文字ずつ「だ・る・ま・さ・ん・が」と読んでいると、思わず一緒に体を揺らしてしまいます。その後に、だるまさんが転んだりびろーんと伸びたりして、その動きや言葉の音が子供は楽しいようで、何度読んでも大笑いしています。

内容はとてもシンプルですが、イラストもかわいくユーモアがあり、子供受けは抜群です。

m-swingさん/30代/男性

だるまさんが見せる色々な表情と表現が面白い

だるまさんシリーズの「だるまさんが」をオススメします。

だるまさんが見せる色々な表情と表現が面白いのか、子供達はケタケタと笑っていました。

絵も可愛く、お話も短いので、疲れていても読んであげられます。薄いので持ち歩きにもいいと思います。

親子で楽しんで読める本で、シリーズを集めたくなります。

ayamyoさん/40代/女性

リズムに合わせて体を動かすと子供が喜ぶ

だるまさんがシリーズは3冊あり、「だ・る・ま・さ・ん・が」のリズムに合わせて体を揺らしながらページをめくると、笑顔になれる仕草が盛り込まれています。

「だるまさんと」では、ぎゅーをしたり親子で触れ合えるシーンがあるので、リズムに合わせて読みながらふれあいを楽しむのも、一つの読み方だと思います。

nankurunaisa0708さん/30代/女性

だるまさんと一緒の動きをしたり、親子で楽しめる

「だるまさんが・だるまさんの・だるまさんと」の3冊のだるまさんシリーズの絵本をおすすめします。

一歳児がどハマりすること間違いなしです。

だるまさんと一緒の動きをしたり、だるまさんの仕草にたくさん笑ったり、親子で一緒に楽しめる絵本です。

「だるまさんと、ぎゅっ」のところで、子供もぎゅっとしてくれるのがとてもかわいいです。

miki0120さん/30代/女性

わかりやすい内容で、一人で見るにもちょうど良い

どの保育園にも必ずあり、子どもたちに大人気の絵本です!

0歳児にもおすすめですが、1歳児になると自分でページをめくりながら声に出して読めるようになるなど、一人で絵本をみるにはちょうど良い絵本かと思います。

子どもがリズムに合わせながら、自分の体をだるまさんと同じように揺らす姿がかわいいです。

「だるまさんの」では、絵本に合わせて自分の目や髪の毛、手などを指差して楽しんで見ています!

maroniiromaniiさん/30代/女性

予想外のだるまさんの動きに大人も子供も夢中になる

だるまさんシリーズ「が・の・と」は、長く愛されている1歳児に大人気の絵本です。

先輩ママからの出産祝としていただきましたが、その先輩ママのお子さんもこの絵本に夢中だったそうです。

だるまさんの思いもよらない動きに、大人も子供もくすっと笑ってしまい、ページをめくるたびに期待感がどんどん膨らみます。

けらけら笑ったりするところもあり、その笑顔にとても癒されます。

yasukomarytarotaさん/40代/女性

500人中/98人がおすすめ

【2位】はらぺこあおむし

Kaiseisha/Tsai Fong Books
1,320円 (2021/06/23 18:05:51時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 エリック=カール
出版社 偕成社; 菊倍横版
発売日 1976年5月1日
価格 1,320円

自分が子供の頃からあるので、一緒に楽しみやすい

ロングセラーでお勧めの本だと、1歳児には「はらぺこあおむし」が一押しです。

私たちが小さな頃からすでに存在していて、大人から見てもとても美しくカラフルで、遊び心のある内容なので、子供と一緒に楽しむことができます。

またYoutubeでも「はらぺこあおむしの歌」などが出ているので、歌いながらページを読み進めることもできて便利です。

montyprestidgeさん/30代/女性


カラフルで見るだけでも楽しく、食べ物や数字を覚えるのにもいい

ロングセラーになっている絵本だと、誰もが知っている「はらぺこあおむし」をおすすめします!夫が大好きだった絵本らしく、夫の強い希望で購入しました。

絵本の文章は少し長いけど、カラフルで見ているだけでも可愛いので、娘はパラパラ自分でめくります。

途中、りんごやすももなど、食べ物がたくさんでてきたり、数をかぞえるシーンがあるので、食べ物や数字を覚えるのにもいいかなと思いました。

穴があいてるので、そこに指を入れたがります。

はらぺこあおむしのキャラクターをみると、「あおむし!」と言うようになりました。

mai0519maioさん/30代/女性

読みながら数字・曜日・食べ物の名前を順序だてて覚えられる

はらぺこあおむしは息子の大のお気に入りです。歌にもなっていて、本を読むというよりも歌いながら読み進めることで、息子はあっという間に覚えてしまいました。

曜日・数字・食べ物の名前を、「学ぶ」という視点ではなく、自然と覚えてしまうストーリーとなっているのでオススメです。

本屋さんであおむしのぬいぐるみも売っているので、実際にあおむしのぬいぐるみを使ってむしゃむしゃ食べながら読んでいくと、子供はとっても喜びます。

エリック・カールさんの絵本はとてもカラフルで、他の絵本では見かけない色使いなので、普段見ている絵本とは違う色に触れられるという点でもオススメです。

hiro_ogさん/40代/女性

500人中/96人がおすすめ

【3位】いないいないばあ

770円 (2021/06/23 10:30:42時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 松谷 みよ子
出版社 童心社; 改版
発売日 1967年4月15日
価格 770円

いっしょに「いないないばぁ」をやると、とても喜んで笑ってくれる

定番のロングセラーです。人気なのがよくわかります。

いっしょに「いないないばぁ」をやると、とても喜んで笑ってくれて、大人も癒されるし楽しいです。

とても単純な内容の繰り返しなので、赤ちゃんのときから何度も何度も繰り返し読みきかせています。

上の子が下の子に読みきかせたりもしていて、とてもいい作品です。

hm26さん/30代/女性


動物がたくさん出てきて、ページを捲るのが楽しい

市のブックスタートで頂いた本ですが、ねこさん、くまさんなど動物がたくさん出てきて、子供もページを捲るのをワクワク楽しみにしています。

いないいないばあするたびに子供が笑ってくれる優しい色使いの絵と、子供でもわかりやすい内容の本なので、喜んで読んでいます。

ページを捲る時に子供も「ばぁ」と言ってくれるようになってかわいいです。

asunacchoさん/30代/女性

どんな子供でも面白がってくれる

子供から年配の人まで、誰でも一度は目にしたことがあると思われる、ロングセラーの絵本です。

我が家の子供も0歳後半から1歳にかけて、何度もこの絵本を見ました。

赤ちゃんが小さな手でする、いないいないばぁの仕草や、ばぁ!という言葉がとてもかわいいです。

赤ちゃんから幼児に成長しても楽しめる絵本です。

miki0120さん/30代/女性

繰り返しのセリフが面白い

この本は昔からある本で、繰り返しのセリフが好きな1歳からのお子さんに人気です。

普段、子どもと遊ぶ時にやる、いないいないばあを絵本を通して楽しむことができます。

繰り返しのセリフで覚えやすく、さまざな動物たちが出てくるので、子供も楽しみに読んでいます。

ばあっと出てくることが分かっていても、何度も読みたくなる楽しい絵本です。

和奏☆さん/30代/女性

500人中/45人がおすすめ

【4位】しろくまちゃんのほっとけーき

子どもの文化普及協会
880円 (2021/06/23 19:06:24時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 わかやま けん
出版社 こぐま社
発売日 1972年10月15日
価格 880円

ホットケーキが出来上がるまでの過程に興味津々!

ロングセラーのこぐまちゃんシリーズの中でも、特に子供の関心が高いのが「しろくまちゃんのほっとけーき」です。

材料を準備するところから、お友達と片付けをするところまでが描かれていて、食べ物に興味を持つとともに、お手伝いや後片付けも学べる内容です。

そしてなんといっても、ホットケーキが焼き上がるまでのページはワクワクがとまりません。

sayo34ponさん/30代/女性


ホットケーキが美味しそう

私も子供の頃に見たことがある本で、かなり長い歴史のある絵本になります。

かわいいこぐまちゃんとホットケーキが印象に残る表紙になっています。

言葉が多いので、子供が一人で読むというより、読み聞かせて”見る”本だと思います。

ホットケーキの作り方が詳しく描かれていて、大人でもホットケーキが好きになる絵本です。

めんちりさん/40代/男性

500人中/31人がおすすめ

【5位】もこ もこもこ

1,430円 (2021/06/23 17:26:24時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 谷川 俊太郎
出版社 文研出版
発売日 1977年4月25日
価格 1,430円

キレイな色合いとシュールなオノマトペがくせになる

絵本全体の色合いがきれいです。

内容は谷川俊太郎さんの詩のような感じで、「オノマトペ」しか出てきませんが、子どもにとっては、それが心地よく感じるみたいです。

「しーん」から始まって、「もこ」と現れて・・・。なんだか大人から見たら、シュールな感じですが、なぜかどの子も気に入っていました。

長く読み継がれているだけのことはあると思います。

happy-cloverさん/50代/女性


想像が膨らむ世界観!

1歳児には「もこ もこもこ」がおすすめのロングセラー絵本です。

抽象的な絵とそれを表す言葉たち。表紙をめくったところからその世界に引き込まれます。シンプルなイラストと言葉で、見る人それぞれの想像力でお話の世界を楽しめ、言葉が未発達なこの時期のお子さんでも満足感を味わえる1冊になっています。

あっという間に覚えてしまい、自分でページをめくりながら「もこ、もこもこ」「ぷぅっ」などと読んでいる姿も可愛いですよ。

mizuka0720さん/30代/女性

500人中/27人がおすすめ

【6位】じゃあじゃあびりびり

偕成社
660円 (2021/06/23 01:08:03時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 まつい のりこ
出版社 偕成社; 改訂版
発売日 2001年8月27日
価格 660円

子供の発話を促せる!

「じゃあじゃあびりびり」をオススメします。

かわいい犬や鳥、飛行機、赤ちゃんなどのイラストの横にワンワン、コケコッコー、ブーンブーン、アーンアーンといったオノマトペが書かれており、1歳児の子供でも分かりやすい内容になっています。

我が息子は、この本で描かれている「踏切でカンカンカン」という擬音を覚えて、2歳になった今でも踏切を見るたびに「カンカンカン」と指差しています。

またボードブックで破けにくいのもオススメポイントです。

yoh_yohさん/30代/男性

500人中/24人がおすすめ

【7位】ぜったいに おしちゃダメ?

1,078円 (2021/06/23 09:20:24時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 ビル・コッター
出版社 サンクチュアリ出版
発売日 2017年8月26日
価格 1,078円

多くの言葉が分からなくても、イラストと雰囲気で楽しめる!

そこまで言葉を理解していなくても、親が赤いボタンを押す動作をすると、子供もわかってくれて一緒になって楽しめます。

子供も絵のボタンを押したくなるようで、ページをめくり次のボタンが出てくるのを楽しみにしています。

イラストもカラフルで大きく、視覚的にも興味を持ちやすいようで、かなり興味津々でのぞいています!

maiko406さん/30代/女性

500人中/17人がおすすめ

【8位】くだもの

株式会社 福音館書店
990円 (2021/06/23 18:27:58時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 平山 和子
出版社 福音館書店
発売日 1981年10月20日
価格 990円

食べ物への興味が出てくる時期で、好きな果物ばかり出てくるので興味を持ってくれる

ロングセラーになっている絵本では、1歳には「くだもの」をおすすめします。市のブックスタートでこの絵本を手にしました。

6か月の頃はぼーっと見ているだけでしたが、離乳食も終わり、色々食べられるようになった1歳くらいからは、この絵本に出てくる果物の絵に指をさして興味を示すようになりました。

下2人の子も、1歳過ぎから同じように興味を持ち、楽しんで読んでくれるようになりました。

丁寧に描かれた素朴な絵も気に入っています。

mihorsework0201さん/40代/女性


写真のような美味しそうな果物に釘付け

おすすめなのは、平山和子さんが描く「くだもの」という絵本です。

写真のようにリアルな絵に息子も釘付けで、何度も自分から引っ張り出して読んでいます。

カットされた果物を「はい、どうぞ」と渡すと、おいしそうにモグモグと食べるふりをしてくれるのも、とても可愛いです。

今は、バナナだけしっかり言えるのですが、他の果物も言えるようになると良いなー笑

Satomin1113oさん/30代/女性

500人中/14人がおすすめ

【9位】くっついた

子どもの文化普及協会
880円 (2021/06/23 17:28:27時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 三浦 太郎
出版社 こぐま社
発売日 2005年8月1日
価格 880円

読みながら子どもにほっぺたを寄せてくっつくと、とても喜ぶ

正方形に近い形の絵本です。いろいろな動物などがくっついている絵と、「くっついた」というセリフが印象的です。

最後に赤ちゃんとお母さんがほっぺたを寄せ合ってくっつきます。

「くっついたと」いうセリフの語感がいいですし、読みながら子どもにほっぺたを寄せてくっつくと、とても喜びます。

こんな時期ですが、家族なので、たくさんスキンシップしながら読んであげたいです(笑)

sakura158さん/40代/女性

500人中/13人がおすすめ

【10位】がたん ごとん がたん ごとん

株式会社 福音館書店
880円 (2021/06/23 11:54:49時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 安西 水丸
出版社 福音館書店
発売日 1987年6月30日
価格 880円

1歳でもわかるものや繰り返しの音が興味を引く

私の地域では、4ヶ月検診のときに1冊本をもらえます。その中に「がたん ごとん がたん ごとん」が入っていました!

1歳になり、絵本にも積極的に触れさせたいと思っていたのですが、この本は取っつきやすいみたいです。

子どもは繰り返しの音が好きなので、こちらも色んなリズムで読むのが楽しいです!

またページをめくるたびに哺乳瓶やねこやスプーンなど、1歳でもわかるものが乗ってくるので、子供も内容をすぐ覚えて、何度も読んで欲しがりました。

ah101bysさん/30代/女性