サイコホラー小説のおすすめ22選&読書家500人ランキング

人間の怖さを感じるサイコ要素があり、尚且つホラーの要素も兼ね備えたサイコホラー小説を読みたい時もありますよね!

誰もが知る名作から隠れた名作など、読書家が実際に読んでおすすめできるサイコホラー小説と口コミを知りたい方も多いはず!

この記事では、読書家500人が選ぶおすすめサイコホラー小説22選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

おすすめサイコホラー小説人気ランキング

おすすめサイコホラー小説ランキング

まずは、おすすめサイコホラー小説人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『読書家500人が選ぶおすすめサイコホラー小説』によると、1位は『告白(122票)』、2位は『ぼぎわんが、来る(112票)』、3位は『悪の教典(103票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、おすすめサイコホラー小説を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/122人がおすすめ

【1位】告白

640円 (2021/06/22 22:38:41時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 湊 かなえ
出版社 双葉社
発売日 2008年8月5日
価格

「現代の狂気感」がリアルで最高

娘を殺されたのに、事故として処理されてしまった先生の復讐劇が、登場人物それぞれの視点で描かれています。

人がどんどん狂っていく様子が丁寧に描かれているのでお勧めです。

現代社会の認められない寂しさや自己顕示欲、偽善など、どこにでもあるものが悪い方に噛み合っていく様子がとてもリアリティーがあって引き込まれる作品です。

tomoki0415さん/20代/男性

500人中/112人がおすすめ

【2位】ぼぎわんが、来る

673円 (2021/06/23 06:02:12時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 澤村伊智
出版社 KADOKAWA
発売日 2018年2月24日
価格 748円

怖いのに続きが知りたくて読むのを止められない

怖いのに続きが知りたくて読むのを止められなくなります!

「ぼぎわん」という得体の知れないものに憑かれてしまった一家と、その一家を助けようとする霊媒師。

なぜ、この一家がターゲットになってしまったのか、段々と明らかになっていくぼぎわんの正体、一家の秘密、ぼぎわんと霊媒師の戦いにひきこまれていきます。

acu9751cwさん/30代/女性


前半と後半で襲いかかってくる恐怖の”形”が異なる

第22回日本ホラー小説大賞の受賞作です。現在はシリーズ化され、実写映画化もされました。

この作品の怖さの”ミソ”は、前半と後半で襲いかかってくる恐怖の”形”が異なる点だと思います。前半は、目に見えない「呪い」のようなドス黒い恐怖、後半は恐怖が”目に見える形”となって襲いかかってきます。

web書籍のレビューでは「後半失速」の文字が散見されますが、気にしないでください。
普通に読めば、なぜ後半、主人公側に頼もしい人物が現れるのか分かります。

本作の作者さんは読者に対してフェアなので、確かにホラーなのですが、伏線を丁寧に張っておられます。

一級のホラー小説であることは間違いありませんが、「リング」のようにミステリーとして読んでも楽しめる作品です。

victims12さん/40代/男性

500人中/103人がおすすめ

【3位】悪の教典

765円 (2021/06/23 00:03:57時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 貴志 祐介
出版社 文藝春秋
発売日 2012年8月3日
価格 825円

教師がさくさく人を殺していく様が不気味且つ爽快!

悪の教典は、さくさく読めて割とライトなサイコホラー小説といえると思います。

主人公は最初は優しい教師に見えますが、徐々にボロを出し、狂った内面が表に出てきます。その様子はとても不気味で面白いです。

主要な登場人物が割とどれもクズであり、人間の闇的な要素が前面に出ていると思います。

パーフェクトまるさん/20代/女性


蓮見聖司の心理描写がゾッとする

主人公の蓮見聖司こと「はすみん」は、教師や保護者、生徒からの人気が高い「いい先生」のはずでしたが、本当はサイコパスという一面を持っていて、自分に都合の悪い人間をどんどん消していきます。

はじめは彼を慕っていた生徒たちもだんだんと疑い始め、とうとう最悪の学校祭が始まってしまうという内容です。

「はすみん」の精神描写の変化が気持ち悪く、また、最後の一言も大きなポイントになります。

読めば読むほど引き込まれていく1冊です。

judypop12さん/20代/女性

彼が本性を現す瞬間は、サイコホラー好きにはたまらない

サイコパスの作品を観るなら、最初はこの「悪の教典」がオススメです!

学校で生徒に大人気の英語教師が、この作品の主人公にしてサイコパスの「はすみん」。生徒や同僚教師からも信頼を得て、学校全体が彼の手中に収まっていました。

そんな中、生まれる不安分子を、彼は自分の城を守るが如く、遠慮の欠片もなく殺していきます。その姿はまるでゲームを楽しんでいるかのようで、なかなかの怖さです。

そして彼が最後に自分のクラスの生徒を全滅させようと本性を現す瞬間は、サイコホラー好きにはたまらないシーンになっています。

miyaco3456さん/20代/男性

500人中/33人がおすすめ

【4位】ダイイング・アイ

733円 (2021/06/23 16:01:22時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 東野 圭吾
出版社 光文社
発売日 2011年1月12日
価格 734円

新たな視点から見せたダイイングメッセージが衝撃的

主人公は自分が交通事故で死なせた女性の夫から襲われ、記憶を失います。

記憶を取り戻すためにいろいろ調べていくうちに、周りの人々が不可解な動きを見せ始め、謎の女性まで現れるのですが・・・。

ホラーサスペンス風な雰囲気と、事故の被害者・加害者側のそれぞれの立場から見える生々しく切ない人間ドラマも入っていて、とても楽しめる小説でした。

kobukuro3013さん/30代/男性

500人中/16人がおすすめ

【5位】リカ

781円 (2021/06/23 16:01:22時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 五十嵐 貴久
出版社 幻冬舎
発売日 2003年10月10日
価格 781円

残酷描写はエグイが、物語の構成がしっかりしているので引き込まれる

狂気にとりつかれたリカに纏わる物語。リカと出会った男性はもれなく不幸な結末に辿り着くのですが、そこに至るまでの描写が良くも悪くも丁寧で上手く、読ませるものがあります。

想像すると吐き気を催すようなシーンもあります。しかしグロテスクで残酷というだけでなく、物語の構成がしっかりしているので、次の展開が気になって一度読みだすと止められません。

ただ、精神的に余裕がある時でないと読めない作品です。

melro0202さん/20代/女性

500人中/15人がおすすめ

【6位】煙か土か食い物

607円 (2021/06/23 16:01:23時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 舞城 王太郎
出版社 講談社
発売日 2004年12月14日
価格 607円

痛快でいて残酷

すごく読みやすく、面白く、痛快でいて残酷な一面があります。スピーディな展開に気を逸らされがちだったりしますが、内容はすごくスタイリッシュなバイオレンス映画を彷彿とさせます。

残酷な部分の描写をサラっと描写しているので、後から振り返ってみて、「あれ?結構なことしていないかい?」と気づかされるのです(笑)

私が鈍感で気づきにくいだけかもしれませんが、そのドライな視点で淡々とした描写でなければ、逆に受け付けられなかったかもしれません。

ライトなサイコホラーの部類に入るでしょうから、初心者向きと言えるかもしれませんね。

nalco2501さん/40代/女性

500人中/12人がおすすめ

【7位】ミザリー

1,019円 (2021/06/23 16:01:24時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 スティーヴン キング
出版社 文藝春秋; 新装版
発売日 2008年8月5日
価格

異常でリアルな設定が最大の魅力

有名作家が雪山で自動車事故を起こし、瀕死の状態に陥ります。それを救ったのは彼の大ファンであるという謎の女性だった、という導入部から一気に読ませます。

さすがホラーの帝王スティーブン・キングと唸りたくなるほど、主人公を監禁させる為の方法はどれも恐ろしいです。

優しく温かな人物と思われた女性が徐々に変貌していく様子や、主人公が脱出を企てるシーンは呼吸するのを忘れてしまう程、緊張感があります。

また異常な設定であるにもかかわらず、リアリティを感じさせるので「こういう事って実際に起こり得るのでは」と、手に汗握り読み進めました。

極上のサイコホラー小説を探している方には、まずこの作品をお勧めしたいです。

hiroyuki0722さん/30代/男性


結局は人間が一番怖いと思い知らされる

小さい頃に見た映画「ミザリー」。強烈に印象に残っていたので、小説も読んでみました。内容はだいたい覚えていたので、暇つぶしに読んでみようと思って手に取りましたが、映画よりも何倍もグロテスクな内容で、ノンストップで読んでしまいました。

ストーカーの話だと記憶していましたが、完全にサイコパスですね。女サイコパスのアニーが、作家のポールに近づいて、じわじわと追い詰めていく(責めていく)様子にゾクゾクしました!

おばけより幽霊より、結局は頭の狂った人間が一番怖いです。

映画を見てもう知ってるよ、という人にも是非読んでもらいたい一冊です!

なおmamaさん/40代/女性

500人中/12人がおすすめ

【8位】マリオネットの罠

641円 (2021/06/23 16:01:24時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 赤川 次郎
出版社 文藝春秋; 新装版
発売日 2006年11月10日
価格 759円

日常に潜む驚きと恐怖が入り混じり、最終的に判明する真相が本当に怖い

主人公が関わる家族やバイト先の不気味さから入り、気持ち悪さのような恐怖がどんどん深くなっていきます。

展開が変わるたび、狂っているのは誰なのか、どの人物も怪しく見えてきます。

事件の真相は途中まで予想していたものの、見事に最後、裏切られます。

日常に潜む驚きと恐怖が入り混じり、読みやすい作品なのですが、最終的に判明する真相が本当に怖いので、スリリングな体験をしたい方には是非読んでいただきたいです!

nikomochida6さん/30代/女性

500人中/11人がおすすめ

【9位】親指さがし

1,210円 (2021/06/23 03:49:46時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 山田 悠介
出版社 幻冬舎
発売日 2005年10月1日
価格 545円

じわじわと追いつめられるような恐怖を感じる

題名から不気味ですが、じわじわと追いつめられるような恐怖を感じる作品です。

小学生のころ一緒に”親指探し”という肝試しを行い、突然行方不明になった一人の同級生。その謎を解くために大人になって集まった主人公達が、”親指探し”の謎を解明していく…という物語です。

続きが気になりサクサク読んでしまいましたが・・・読み終わった後、なぜか自分の”背後”が気になり後ろを確認してしまいました。

つき*さん/20代/女性

500人中/9人がおすすめ

【10位】終りなき夜に生れつく

661円 (2021/06/23 21:12:20時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度:
  • サイコ要素:
  • ホラー要素:
著者 アガサ・クリスティー
出版社 早川書房
発売日 2011年10月7日
価格 924円

恋愛小説風に穏やかに始まり、じわじわと恐怖の紐で首を絞められる

アガサ・クリスティーの作品ですが、ポアロもマープルも出てきません。金持ちのお嬢さんと貧しい青年の恋愛物語から始まります。

美しいイギリスの田舎の古民家に魅せられた青年のマイケル・ロジャース。この土地に真新しい家を建てたならば、どれだけ素敵だろうか?でも、仕事を転々としてお金のない彼には夢のまた夢。

ところが、その屋敷を見た帰りに、彼はある女性と出会います。彼女は大金持ちな上、とても素敵な女性で、あっという間に恋に落ちた彼は彼女の援助と友人の支援により望みの物を手に入れます。そして彼女まで手に入れて結婚を果たしたのです。全てがまるで夢。だけど…この夢は仕組まれていました。

恋愛小説風に穏やかに始まり、じわじわと恐怖の紐で首を絞められます。そして、作者に素直に騙されてぞわぞわとする恐怖に身を置きましょう。

iko********さん/40代/女性