中学生におすすめ面白い小説32選!読書家500人が選ぶ人気本

面白くて一気に読み進めたくなるような内容で、かつ中学生でも楽しめる小説を探すこともありますよね。

誰もが知る名作から隠れた名作など、読書家が実際に読んで中学生におすすめできる面白い小説と口コミを知りたい方も多いはず!

この記事では、読書家500人が選ぶ中学生におすすめの面白い小説32選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

中学生におすすめの面白い小説人気ランキング

中学生におすすめの面白い小説ランキング

まずは、中学生におすすめの面白い小説人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『読書家500人が選ぶ中学生におすすめの面白い小説』によると、1位は『君の膵臓をたべたい(40票)』、2位は『坊っちゃん(39票)』、3位は『夜のピクニック(34票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、中学生におすすめの面白い小説を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/40人がおすすめ

【1位】君の膵臓をたべたい

690円 (2021/06/23 16:48:59時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 住野 よる
出版社 ‎双葉社
発売日 ‎2017/4/27
価格 734円

読みやすいが、人の命の重さを感じられる

中学生におすすめの面白い小説は「君の膵臓をたべたい」です。

病気の女の子とあまり目立たない男子高生の絆を散りばめつつ、彼女の死の瞬間までを描いた本です。

しかし、重くなりすぎないようにする工夫が沢山あるので、読みやすく、人の命の重さを感じられる作品です。

natuk_cwさん/20代/女性


人と人のつながりについて深く考えさせてくれる一冊

「君の膵臓をたべたい」は、人気俳優によって映画化もされているので、読む前に観ても、読んだ後に観ても楽しめるかと思います。

生と死について考えるだけでなく、人と人のつながりについて深く考えさせてくれる一冊です。

人に憧れたり恋したりする主人公の言動は、多感な中学生の時期だからこそ響くものがあるように感じます。

Green283さん/30代/女性

500人中/39人がおすすめ

【2位】坊っちゃん

文藝春秋
638円 (2021/06/23 01:04:34時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 夏目 漱石
出版社 ‎集英社
発売日 ‎1991/2/20
価格 286円

昔から多くの人々に愛される、まっすぐな主人公の生き様が痛快!

昔から多くの人々に愛される、さわやかな青春小説です。

性格がまっすぐすぎるほどまっすぐで、それゆえにケンカっぱやく、時にそんな性格のせいで損をしてしまう主人公の坊っちゃん。

彼がふるさとを離れ、学校の教師になり、卑怯な教頭先生の赤シャツとの対立や、自分と同じようにまっすぐな性格を持つ教師仲間の山嵐との友情を通して、成長していく姿が描かれています。

その成長過程が時にコミカルで時に切なく、読みやすいすっきりした文体で書かれているので、中学生にお薦めです。

miyakoumenoさん/30代/女性

500人中/34人がおすすめ

【3位】夜のピクニック

703円 (2021/06/23 04:14:26時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 恩田 陸
出版社 ‎新潮社
発売日 ‎2006/9/7
価格 825円

1人1人の抱えるものが瑞々しく、若いっていいなと素直に思わせてくれる

高校での年に1回のイベント「歩行祭」が舞台です。

夜通し歩き、ゴールを目指しながら一人一人思惑を抱え、高校生活の集大成にしようとしている所に青春を感じます。

同級生の男の子とのわだかまりを解こうとする人や、恋心を叶えようとする人、または全く違う目的で歩行祭に侵入する人などがいて、若いっていいなと素直に思わせてくれるストーリーです。

青春時代に出会いたかった小説No.1です!

tutumari11140224さん/30代/女性

500人中/24人がおすすめ

【4位】蹴りたい背中

346円 (2021/06/23 09:36:02時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 綿矢 りさ
出版社 ‎河出書房新社
発売日 ‎2007/4/5
価格 495円

10代の感覚をしっかりと受け止めてくれる1冊!

「蹴りたい背中」という小説をお薦めします!タイトルからストーリーのあらましは見えてきませんが、そこが中学生の感性にハマるのではないかと思います。

高校1年生の少女が主人公で、成長や葛藤が彼女の高校生活とともに描かれておりますので、これから高校生になる中学生にはうってつけだと思います。

10代ならではの言葉にできない感情がしっかりと描写されている作品で、ページ数も多くないのでさらっと読めます。

高校生活をこの小説とともに始めてみるのはいかがでしょうか?

Luna1116さん/20代/女性

500人中/22人がおすすめ

【5位】コーヒーが冷めないうちに

1,158円 (2021/06/23 09:36:03時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 川口俊和
出版社 ‎サンマーク出版
発売日 ‎2015/12/4
価格 1,073円

時間の大切さが分かる!

この小説は本屋さんのおすすめコーナーにあったものです!

ある喫茶店の決まった席に座ると、過去に戻れるという設定です。

ですが過去に戻れるのは決まった席で、コーヒーをカップに入れてから冷めるまでの間のみ。また、過去に戻れても現実を変えることはできないなどのルールがあります。

この一冊の本に4つの話で構成されています。この本は映画にもなっているので、ぜひ読んでください!

mamfさん/20代/女性

500人中/20人がおすすめ

【6位】神去なあなあ日常

550円 (2021/06/23 09:36:03時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 三浦 しをん
出版社 ‎徳間書店
発売日 ‎2009/5/15
価格 2,480円

林業という特殊で奥深い世界観を、コメディタッチで味わえる

「風が強く吹いている」「舟を編む」などを手掛けた、三浦しをん先生のお仕事青春小説です。

特に将来の夢も目標もない主人公は、高校卒業後、フリーターでもしてのんびり暮らそうと思っていたのですが、担任の先生と両親の策略により、縁もゆかりもないド田舎で林業に従事することになってしまいます。

現代っ子の主人公は、コンビニもなければケータイも使えない環境に嫌気が差して脱走を試みますが、なんやかんやで山の生活に馴染んでいきます。

働くことにネガティブなイメージを抱きそうなとき、「自分が知らなかった天職」を見つけるきっかけをつかめるかもしれません。

本作は映画化もされているので、ぜひ比べてみてください。

あさり子さん/20代/女性

500人中/20人がおすすめ

【7位】阪急電車

幻冬舎
649円 (2021/06/23 09:33:18時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 有川 浩
出版社 ‎幻冬舎; 第14版
発売日 ‎2010/8/5
価格 649円

何気ない日常の中にある様々な感情に気づかせてくれる

電車の乗客に関連する物語が何遍も入っていて、何気ない日常の中にわくわくやドキドキ、楽しさや悲しさが詰まっていることに気づかせてくれる内容です。

とても読みやすい文体でサクサク読め、毎日の生活に彩を添えてくれるような作品です。

心温まるので、中学生にもおすすめです。

Green283さん/30代/女性

500人中/18人がおすすめ

【8位】いま、会いにゆきます

639円 (2021/06/23 12:29:42時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 市川 拓司
出版社 ‎小学館
発売日 ‎2007/11/6
価格 628円

愛について考えた時に読んで欲しい本

人生の中で、「愛とは?」と考えた時に読んで欲しい本です。

妻を亡くし、男手一つで息子を育てている主人公の前に、昔の妻とよく似ている女性が現れます。

二人の間にある恋のような関係や、心情が揺れ動く感じなどがリアルで、物語の結末に驚きました。

そして読み終わった後、本のタイトルを改めて見た時に、妻の愛の深さを感じました。こんな素敵な夫婦になれたらと思える本です。

nontanmamaさん/30代/女性

500人中/17人がおすすめ

【9位】アルジャーノンに花束を

772円 (2021/06/23 17:41:16時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 ダニエル・キイス
出版社 ‎早川書房; 新版
発売日 ‎2015/3/13
価格 946円

人の幸せは賢さだけでは測れないことを教えてくれる

中学生におすすめの小説は「アルジャーノンに花束を」です。

主人公は幼児並みの知能の持ち主ですが、周りからバカにされながらもいつも笑顔で一生懸命に働いていました。

そんな中、主人公が被験者となったある実験により、彼の知能は徐々に上がっていき、やがて天才と呼ばれるまでになるのですが、それが彼の幸せにつながるとは限りませんでした。

中学時代は将来に向けて勉強を重ねている時期だと思います。しかし、人の幸せは賢さだけでは測れないことを、この作品は教えてくれます。

moon199さん/20代/男性

500人中/17人がおすすめ

【10位】六番目の小夜子

584円 (2021/06/23 07:30:21時点 Amazon調べ)
  • 面白さ      :
  • 読みやすさ    :
  • 中学生におすすめ度:
著者 恩田 陸
出版社 ‎新潮社
発売日 ‎2001/1/30
価格 693円

学校が舞台なので、登場人物が自分と重なって興味深く読める

ちょっぴりホラーやファンタジーもあって、想像がかき立てられるストーリーが魅力です。こんな事柄が自分の周りで起こったら、絶対学校の中を調べ尽くしたくなりそうです(笑)

学校が舞台なので、現実的なところと、非現実に感じるところもあって、その間を自分が行ったり来たりする感覚も楽しいです。

ラストまで読んでもスッキリしないかもしれないけど、ずっと心に残るミステリー作品です。

作者の恩田陸さんは、日本を代表するミステリー作家の1人です。他にもたくさんの作品がありますので、是非読んで欲しいです。文章も読みやすいし、ドラマや映画になっている作品もありますよ。

yukinishikiさん/50代/女性