彼氏が友達みたいで好きかわからない…女性100人が実践した対処法17選

彼氏 友達 みたい 好き か わからない

「彼氏が友達みたいで好きかわからない…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「距離を置き、変化があるか確認」や「楽に付き合えると前向きに捉える」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法17選をご紹介しています。

彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法
1位 47% 距離を置き、変化があるか確認
2位 13% 楽に付き合えると前向きに捉える
3位 12% 相手のいない日々を想像してみる
4位 11% 非日常を味わう・初心にかえる
5位 5% 素直に打ち明ける・相談する
6位 4% 適度なスキンシップを意識する
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法アンケート』によると、1位は『距離を置き、変化があるか確認』、2位は『楽に付き合えると前向きに捉える』、3位は『相手のいない日々を想像してみる』という結果に。

割合で見てみると、1位の『距離を置き、変化があるか確認』が約47%、2位の『楽に付き合えると前向きに捉える』が約13%、3位の『相手のいない日々を想像してみる』が約12%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法17選をご紹介していきましょう。

【1位】距離を置き、変化があるか確認

距離を置き、変化があるか確認

会う頻度を減らして距離を取ってみる

付き合って1年くらいは会話の内容も恋人らしく、彼の私への態度も優しかったです。しかし2年目になるとだんだん雑になり、恋人というよりなんでも話せる友達のような感覚になりました。

親しき仲にも礼儀ありといいますが、以前のように丁寧な態度に戻って欲しかったので、会う頻度を減らし、たまに会う時でも半日だけにしました。私といる時間が当たり前だと思って欲しくなかったからです。

効果があったのか、気づいた時には彼の態度も丁寧に戻っていましたし、何かしてあげた時は必ず「ありがとう」と言ってくれるようになりました。

20代前半/商社系/女性

一度、時間と距離を置いてみて、自分の気持ちを確認する

初めての彼だったため、付き合い始めはドキドキすること・新鮮なことばかりでした。しかし、2年、3年と付き合っていくうちに、新鮮味がなくなっていきました。

一緒にいてもドキドキしなくなり、気を使わなくなって、一緒にいても空気のような存在になっていたのです。2人ともイベントを重視するほうではなかった上、趣味も異なっていたため、このようなことになったのだと思います。

異性として好きなのか自信がなくなり、一度話し合いをして距離を置くことにしたところ、お互いに再び気を遣うようになりました。

一緒に新しいことをしたり出かけたりしているうちに、また異性として好きな気持ちを再確認することができました。

30代後半/専業主婦/女性

一度距離を置いて会えない期間を作る

付き合いが長くなるうちに、彼氏の言葉遣いが雑になりました。気遣いがなく下ネタも言うようになり、まるで同性の友人と話す時みたいに、恥じらいがなくなっていきました。

また私へのいじりが酷くなっていき、悲しい思いをすることが多くなりました。ずっと一緒にいたせいで、距離が近くなりすぎたのだと思いました。

彼氏に昔のようなドキドキや恥じらいを取り戻してほしいと思い、一度距離を置いて会えない期間を作りました。

すると考えることがあったのか、久しぶりに会った時には優しく礼儀正しい彼氏に戻っていました。

20代前半/学生/女性

一度冷静になって距離を置いてみる

私も以前お付き合いしていた彼と長い期間一緒に居たので、友達みたいになってしまったことがあります。

しかし、「気兼ねなく付き合える友達みたいな関係」というのはすごく良い事だと思うので、あまり深刻に考え過ぎず、一度冷静になって距離を置いてみることをおすすめします。これにより、好きという気持ちよりも大切な感覚に気付くかもしれません。

次に会う時は、2人で新しい事をして一緒に楽しんでみたりすると、「やっぱりこの人と一緒に居ると、居心地が良いし好きだな」などと、忘れていた気持ちに気付ける事もあります。

友達のような関係も悪くないので、一度冷静に見てみるのが良いと思います。

30代後半/サービス系/女性

一旦会わない時間を作り、考える

彼とは学校が同じで、休み時間や放課後などもずっと一緒に過ごしていました。最初は「一緒に居ることができて幸せ、楽しい」という気持ちでいっぱいでしたが、毎日のように会い、引っ切り無しに連絡を取りあっていたので、そのうち彼のことが本当に好きなのかよく分からなくなってしまいました。

そんな時は、会う時間を減らすために、「体調があまりよくない」、「アルバイトが忙しい」などの理由をつけて、彼との距離をとっていました。離れて冷静に自分の気持ちを考えた時に、改めて「私の彼氏は、彼しかいないんだ」と思うようになりました。

その経験から、ずっと一緒にいることも大切ですが、会わない時間を作り、適度に距離をとることも大切だなと思うようになりました。

結婚した今でも、自分の時間も彼との時間も大切に、お互い良い距離感で毎日幸せに過ごせています。

20代前半/マスコミ系/女性

一旦距離を置いてみて、相手の大事さを実感する

同級生の彼と付き合い始めた当初は、初々しいカップルな感じで楽しかったです。しかし波長が合い過ぎることに疑問を感じ、それは恋人としてなのか友達としてなのかがわからなくなりました。

そのままだらだらしていても良くないので、一旦離れることにしたのですが、離れてみて「彼が他の人のところに行くのは嫌だな」と感じるようになりました。

また、離れていてもお互い相談とか何でも言い合えていたので、「波長だの同級生だからだの、そんなもの気にする必要はない!」とポジティブに考えられるようになりました。

そのうち「仲良すぎのカップル、いいじゃん!!なんでも言いあえて仲良しじゃん!」と思うようになれました。

20代後半/金融・保険系/女性

少し距離を置いて、接する

彼と付き合う前、彼の同僚の事が好きだった私…。しかし、彼から「奴を忘れさせる自信があるから、付き合って欲しい」と言われ、迷ったあげくに付き合う事になりました。

彼は、私が勤務する会社に出入りする業者の1人で、私が好きだった人も毎日会社に出入りしていました。100%気持ちの整理がつくわけもなく、何となく付き合ってしまった彼氏とは、どうしても友達、同僚としての関係が断ち切れず、わずか1ヶ月で別れ、その後、私は退職しました。

それから数年経ち、駅の改札前で時刻表を見ていたら、偶然彼が現れました。お互い最初は無言でしたが、私が「久しぶり。元気にしてた?」と話しかけると、彼は「元気にしてたよ!今からどこかに行くの?」と返してくれました。その後、少し話をし、「またどこかで会った時は、友達として会いたいね」と話して別れました。

1ヶ月の出会いと別れを1年も引きずってしまいましたが、今はいい経験だったと思っています。私達は別れてしまいましたが、少し時間を置くことで気持ちが整理されることもあるのだと気づかされました。

40代前半/専業主婦/女性

いったん距離を置いて冷静に考えてみる

一度距離を置いて、冷静に好きかどうか考えてみると本当の気持ちが分かると思います。しばらく連絡も取らずに居れば、相手がどんな存在なのか分かるはずです。

自分に必要なのか、そうではないのかじっくり考えてみるのも、たまにはいいと思います。

気持ちの整理がついてから再度会って、お互い話し合ってみるといいですね。焦らずにじっくり考えてみてはどうでしょうか?

自分の気持ちがはっきりしないのであれば、会わないでゆっくり考えてみたらいいと思います。

30代後半/医療・福祉系/女性

連絡をしない一日を作ってみる

付き合いが長くなるにつれて以前のようなワクワクすることが減り、彼がデートをしてくれることも減りました。女友達にそれとなく相談してみると「お互い関係が長くなりすぎて、相手への感謝がなくなって当たり前になっているんじゃないの?」と言われました。それを聞いた途端、自分が相手に依存しつつあったことに気が付きました。

そこで彼に今の気持ちを伝え、「一日だけ、自分一人で考える時間を作りたい」と伝えました。彼は驚いた顔をしていましたが、相手も考えていたようで協力してくれました。連絡は朝と夜に私から送るだけにして、それ以外はSNSデトックスをし、漫画をレンタルしてきて伸び伸び過ごしました。すると、だんだんお腹が空いてきたり、退屈に感じたりする時間が増えました。次第に彼は何してるのかな?いつもなら彼とご飯食べてたのにな?と、彼との思い出が蘇り、とてつもなく会いたくなりました。彼から気持ちが離れていたと思っていたのに、この気持ちはやっぱりLoveだったのだと愛しくなりました。

翌日、会った際、私は思わず彼を抱きしめて「いつもごめんね。ありがとう」と気持ちを伝えました。彼は「俺も悪かった。ごめんね。いつもありがとうね」と言ってくれて、彼も一日自由時間を作ったことで冷静になったこと、反省したことを話してくれました。

今は、日々「ありがとう」と伝え、喧嘩も以前よりは少なくなりました。長く過ごすと当たり前じゃないことに気づきにくくなるんだ、と身に染みて感じました。今後はきっと大丈夫だという確信にもなりました。

20代前半/法律系/女性

【2位】楽に付き合えると前向きに捉える

楽に付き合えると前向きに捉える

焦らなくてもよい、安定した関係になれたと考える

まず、「お相手がいなくなってしまったら・・・」と考えてみてください。そこで悲しくなったり泣いてしまったら、あなたは確実に相手のことを好きなのですから、わからないということはなくなりましたね。

「ドキドキしたりトキメキを抱えるような恋心は3年で終わる」というのは有名な話で、付き合いが長くなるにつれて脳から恋愛ホルモンが出にくくなります。しかしそれは冷めたのではなく、『関係が落ち着いた』と捉えることもできます。

お互い素を見せられる、リラックスできる、相手に対して気張らなくても良い関係は、結婚を見据えているならとても理想的です。毎日刺激的な恋は楽しいかもしれませんが、長く毎日一緒にいれば疲れてしまったり、理想とズレを感じて喧嘩に発展してしまうリスクもあります。友達や幼馴染から発展した恋のほうが長続きしやすいのも、素でいられる安定した関係だからなのかもしれません。

私にも相手のことが好きかどうか分からなくなった時期がありましたが、それは相手が傍にいることが当たり前になったから。裏を返せば、いなくなった時には心が張り裂けてしまうということ。

なので、焦らなくても大丈夫です。もう一度ドキドキしたいなら、一緒にお化け屋敷にいくなり、旅行に行くなり方法はあると思います。

20代前半/学生/女性

友達の方が楽な時もある!

長く付き合っていると、前みたいにドキドキしたり、ワクワクしたりすることがなくなり、いつしか馴れ合いのような感じになります。

でも、その方がいい時もあります。友達みたいに何でも話せたり、隠し事もなくて気も使わないし、「好き」が薄れても空気みたいな感覚で居られるのはいい事だと思います。

確かにドキドキワクワクは毎回あるわけではないけど、結婚したらどんなカップルも自然とそうなるので、「一緒に居られればそれでいい」と考えましょう。

40代後半/専業主婦/女性

【3位】相手のいない日々を想像してみる

相手のいない日々を想像してみる

もし恋人がいなくなってしまったら…と想像してみる

付き合った当初はまだラブラブという感じではなく、徐々に火がつき、燃え上がっていきました。3年ほどは楽しく過ごせていたのですが、お互いの大学卒業を機に遠距離恋愛となってしまい、連絡を取る回数も減り、付き合っている実感もなくなってしまいました。

彼氏は会社の同期の女の子と遊んだり、連絡を取り合っていたようです。遠距離恋愛で彼女の私とは連絡を頻繁に取らないのに、同期の女の子とは連絡を取るんだ…と思い、だんだんと彼氏のことが好きなのかどうか分からなくなってしまいました。

次のデートで彼が素っ気なかったらもうおしまいかな…などと思っていたある日、私のスマホに着信がありました。出てみると、彼の上司からで、彼が救急搬送され、意識が戻らないとのことでした。遠距離だったので、無事を祈ることしかできませんでしたが、半日後、彼からメッセージが届きました。なんと、急性アルコール中毒で病院に運ばれていたようです。

連絡を待つ間、もし彼がいなくなってしまったら…と想像し、生きる意味もなくなってしまう…とまで考えていたので、この件がきっかけで、彼への気持ちを再確認することができました。

20代前半/IT・通信系/女性

恋人が異性と仲良くしている姿を想像してみる

そもそも彼氏と友達の違いは何か、考えてみましょう。友達も彼氏も同じように自分の気持ちを伝えることができるし、自分の気持ちをわかってくれるし、話しやすいし、同じ時間を過ごしていても気持ちが楽になれると思います。

一番大きな違いは、彼氏が別の異性と一緒にいると気になって仕方がなくなるし、「自分のことを一番に考えてくれないと嫌だ」と思ってしまうという点です。

彼氏が異性と二人きりで遊びに行っても何とも思わなければ、彼氏のことをそれほど好きではなくなったということかもしれません。

一度、彼氏が異性と仲良くしている姿を想像してみる、あるいはグループで遊びに行って、彼が他の友達と一緒にいる姿を見てみたらいいかもしれません。

50代後半/専業主婦/女性

【4位】非日常を味わう・初心にかえる

非日常を味わう・初心にかえる

思い出の場所に行ったり、いつもとは違うことをしてみる

長く付き合っていると、ドキドキ感が無くなって、本当に好きなのか分からなくなりますよね。だけど、裏を返せば、長く過ごせると言うことは馬が合うと言うこと。相性は良いってことです。

あとは「相手が好き」と言う気持ちの復活が望まれますが、キーになるのは「胸のときめき」だと思っています。思い出の場所に行ったり、いつもとは違うことを二人でやってみたり、旅行も良いかもしれません。

代わり映えのない日常でダレた心は、非日常を味わうことで復活します。いつもは言葉にしない気持ちやスキンシップなど、些細なことでも何でもいいので試してみてください。

私は「好き」という気持ちをあえて言葉にしたり、思い出の場所へ旅行に行ったりして、相手への気持ちを改めて意識するようになりました。相手も、私の変化に影響されて、言葉や態度で愛情を表現してくれるようになりました。

30代後半/流通・小売系/女性

初心に戻ったり、客観的に見たその人のいいところを探す

最初は相手の良いところを見て「好きだな」と思いますが、長くなるにつれて悪いところが見えてしまい、好きかわからなくなることもあります。

一緒にいるのが当たり前になってくるので、改めて初心に戻ったり、客観的に見たその人のいいところを探すのがいいと思います。

また、お泊まりなどお家デートが増えると、お出かけすることが減る人もいると思います。たまには遠出や旅行など、普段行かないところに行くのも効果的かと思います!

20代前半/専門コンサル系/女性

【5位】素直に打ち明ける・相談する

素直に打ち明ける・相談する

自分が不安に感じていることを話してみる

相手から告白され、徐々に私も好きになってお付き合いをするようになりました。

3ヶ月ほど経ったくらいから、本当になんでも話せるような仲にはなったのですが、慣れ過ぎて恋人としての言葉のキャッチボールの仕方を忘れ、友達としか思えなくなってしまった時期がありました。

その事を彼に打ち明けたところ、「もう一度、最初の気持ちまでとは行かなくても、恋人として幸せに過ごせる関係性を作っていきたい。それが無理なら、せめて何でも話せる親友としてやって行きたい」と言ってくれたので、今ではとても幸せな関係を築いています。

不安に思ったら、一度相手のどこが好きだったのかを考えて、一緒にいたいと思ったなら相手に伝えるのもいいと思います。

20代後半/公務員・教育系/女性

【6位】適度なスキンシップを意識する

適度なスキンシップを意識する

恋人ならではのスキンシップを忘れずに!

付き合った当初は、何もかもが新鮮でトキメキを感じていました。しかし付き合いが長くなるにつれて、一緒にいるのが楽すぎて自然すぎて、なんだか友だちと遊んでいるような感覚になっていました。

「友だちのような彼氏」に憧れを感じたこともありましたが、「友だちとなにも変わらない」と思ってしまうことも。

なんでも言い合える仲でしたし、信頼しきっていたので、私としては体の関係が減ってもあまり気にしていませんでした。ただ、恋人ならではのスキンシップを忘れずにいることがポイントではないかと思っています!

彼は今でも付き合い始めた頃と変わらず接してくれ、特別扱いしてくれているので、恋人関係のままいられています。

30代前半/商社系/女性

彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法まとめ

この記事では、彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法アンケートでは、1位は『距離を置き、変化があるか確認』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法を回答
調査期間 2024年03月14日~03月29日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏が友達みたいで好きかわからない時の対処法
1位 47票 距離を置き、変化があるか確認
2位 13票 楽に付き合えると前向きに捉える
3位 12票 相手のいない日々を想像してみる
4位 11票 非日常を味わう・初心にかえる
5位 5票 素直に打ち明ける・相談する
6位 4票 適度なスキンシップを意識する
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2024年03月14日~03月29日
回答者数:100人