【男女別】交際2ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

カップル,2ヶ月

交際2ヶ月目を迎えたカップル。これからも恋人と長く付き合っていきたいけれど、何となく不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

仲が悪くなってしまったり喧嘩になってしまう前に、交際2ヶ月目だからこその注意点や長続きの秘訣があれば知りたい方も多いはず。

この記事では、実体験に基づいた交際2ヶ月目を乗り越えた方法20選を体験談と共にご紹介しています。

交際2ヶ月目の注意点ランキング

まずは、交際2ヶ月目の注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男女100人に聞いた交際2ヶ月目の注意点』によると、1位は『生活習慣の違い』、2位は『束縛が激しい』、3位は『すれ違い』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男女100人に聞いた交際2ヶ月目の注意点

男女100人に聞いた交際2ヶ月目の注意点では、1位の『生活習慣の違い』が約22%、2位の『束縛が激しい』が約19%、3位の『すれ違い』が約16%となっており、1~3位で約57%を占める結果となりました。

それでは、男女別で交際2ヶ月目の注意点&乗り越え方を体験談と共にご紹介していきましょう。

【女性編】交際2ヶ月目を乗り越える方法10選

好きという気持ちが強くなり束縛するのを我慢する

だんだんお互いの性格がわかってきて、束縛や嫉妬がつよくなる時期になると思います。

なので、お互いもう少し余裕をもってあまり束縛しすぎず、自分の本来の生活を大事にし、友達とも遊び視野を広げて彼氏とお付き合いをするのが良いと思います。

30代前半/サービス系/女性

会いすぎないようにする

付き合ってすぐの頃はお互いに気持ちが盛り上がっているので、多少忙しくても会う時間を作ってしまいます。

最初はそれでもいいのですが、二ヶ月目くらいになると疲れてきます。なので会う回数を敢えて減らし、お互いに落ち着く時間を作ることも大事です。

30代後半/自営業/女性

男性の同僚や同期との少人数の飲み会は彼を不安にさせるので行かないようにする

付き合って2ヶ月くらいに、私が職場の同僚に言い寄られることがありました。社内恋愛でしたが、周りには秘密にしていたため彼に相談すると必要以上に心配するようになりました。

私は元々男女関係なく飲み会などに参加していたのですが、言い寄られるようになってからはなるべく男性のいる少人数での飲み会は行かないようにして彼に安心してもらえるように心がけました。

あまり相手を心配させたり不安にさせたりしないことが円満の秘訣だと思います!

20代後半/専門コンサル系/女性

お互いが会おうと必死になるので無理をしないこと

2か月目は1番仲が良くなる時なので、無理やり時間を作って会いたくなるのですが、会いすぎて1人になりたいと思う事が出てくると思います。それが別れの原因になる事もあります。

仲良い友達を引き合いにして、今日は友達と遊ぶからと程よい距離を保つことが大事だと思います。

30代前半/流通・小売系/女性

相手のペースに乗り過ぎない

付き合って2か月もたつと相手の思考や好みが大体わかってくるようになってきて、楽しい時期は続行中だと思います。

私の場合は最初は好かれたくて相手に合わせることが多々あったのですが、2か月も経つとだんだんと素をだせるようになってきました。

たぶん相手も同じように気を使っていたのがだんだん溶けてきているので、言いたいことしてほしいことなどを言えるようになってきていると思います。

何気ない会話の中で楽しそうなが出たらそこを派生させて旅行を計画してみたり、2人で新しいことにチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

30代前半/自営業/女性

相手の生活リズムを理解してあげる

育ってきた環境が違えば生活リズムなども違って当たり前です。

最初の1ヶ月は好かれたくて嫌われまいと必死に猫をかぶったりしていても段々あだも見えてきてしまう時期。あまりに無理する必要はないけど好きなら相手のリズムも理解してあげましょう。

30代後半/自営業/女性

干渉しすぎないことが大事

私の場合、付き合ってドキドキ感も少し落ち着いてきた頃でした。お互いの仕事や友人との交友関係でのイベントが多くなり、会う日も付き合い始めほどは落ち着いてきました。

しかし、今何してるの?いつ暇なの?家についた?と、ちょっとしたことが気になるようになってしまい束縛ぎみになってしまったので、そういう時こそ自分ひとりの時間を作ってみたりして彼氏、彼氏とならないようにするのが良いと思います。

30代前半/サービス系/女性

“恋は盲目”になりすぎない

1か月目にはどんな些細なことでもずーっと続いていた連絡も2か月目になると少しずつ減っていくもの。これは相手に対する安心感から生まれるものだと私は思います。

大好きな人と付き合えてドキドキ浮かれていた1ヶ月目、気持ちも落ち着いてきて周りが少しずつ見えるようになってきた2ヶ月目。相手主体から2人の恋愛に発展したのではないでしょうか。

いつまでも彼氏・彼女ばかりに一直線で周りが見えないのも考え物。程よくそれぞれが自分の時間を大切にしながら、無理しない程度での連絡頻度でお付き合いできるのが長続きの秘訣だと思います。

20代後半/サービス系/女性

相手を思いやる連絡を心掛ける

社会人同士のカップルです。付き合って2ヶ月ほどたったころ、お互いの生活習慣がみえてくると思います。彼の仕事が忙しくなかなか会いたい時に会えないというのが続きとても不安な日々をすごしました。

でも、そんなとき連絡やデートを強要するのではなく、日々自分の仕事おわりに相手を労う一言だけ連絡するようにしていました。(当時はそうとう我慢してました笑)

それから2年半が経った今、あの頃があったからこそお互いを尊重し、自分が忙しく会えない時も彼が理解を示してくれます。

20代後半/商社系/女性

相手に合わせ過ぎないこと

付き合って一か月目は、お互いに交際できたことが嬉しくて細かいことは気にならない状態です。

でも、2か月目になるとようやく相手のことが見え始めてきます。いきなりリラックスし過ぎただらしない姿を見せる人はいないと思うのですが、あまり我慢をしすぎているとその後も長く交際を続けていきたいのであれば、自分の要望を少しずつ出していったほうが良いのではないでしょうか。

たとえば私は、一人暮らしの家だとはいえ素足でペタペタ歩かれるのが嫌です。だから彼専用のスリッパをプレゼントしてここにいるときは履いて欲しいと自分の気持ちを伝えました。

それぞれの生い立ちがあったので生活習慣の違いがもちろんあるのだから少しずつすり合わせていくべきではないのでしょうか。

30代後半/流通・小売系/女性

【男性編】交際2ヶ月目を乗り越える方法10選

違いを大切にする

お互い趣味や生活、遊び方などが分かってくる時期ですね。

違いが出てくる時期だからこそお互いの事を尊重し、相手に付き合ったりして、またそこで自分の趣味に繋がるというような付き合い方が長く続く秘訣かなと思います。

20代後半/サービス系/男性

お互いの趣味にも付き合ってみる

2ヶ月くらいだと相手のことを気にしてデートの場所を決めますが、どうしてもイオンなど無難なところに行きがちで少しお互い飽きてしまいました。

その時は私たちはネットでフェスや私が古着が好きだったりしたので、趣味に付き合ってもらったりすると行く場所が広がって良かったです。

20代前半/自営業/男性

自分の気持ちを言葉にして伝えること

2ヶ月目ともなると変に気を使わなくてよくなる時期。しかし、そこで気を緩めると付き合いたての自分と比較される原因になる。もちろん常に気を張ってろと言わないが、2ヶ月目で緩めすぎも注意。

私自身、このくらいいいかと思いデートプランに手を抜いた際に相手と喧嘩になったことがある。相手としては大切にして欲しい気持ちがあったはずなのに見事に手を抜いたことに気づかれてしまった。

そこで私は彼女と一緒にデートプランを練ることにした。すると相手の行きたい場所や好きなことがどんどんわかり、より交際が楽しく感じられた。

自分1人ではなく、相手の意見を取り入れることで様々なことがわかって楽しめると思う。

20代後半/メーカー系/男性

メールではなく電話をする

もともとの彼女の性格もあるかもしれないですが、束縛するタイプはメールの返信が遅いだけで怒られてしまったりすると思います。

そういう相手の場合、基本連絡は電話をするようにして「あまりメールはしない人」と認識させるべき。2ヶ月目ぐらいの付き合って間もない時期から認識させておいた方がよいですね。

30代前半/流通・小売系/男性

お互いのペースを尊重する

まだ相手がどういう人か分かりませんので、自分が興味ない事でも相手が好きな事は、一緒にやる事が大切。

束縛が好きなのか嫌いなのかは、相手が自分に対してどう接してくるかで何となく分かると思います。それによっていつも一緒にいるのか、一人の時間が大切でたまに会うとか、タイミングを見計らって連絡して会うなど、お互いのペースを尊重すると良いと感じます。

40代前半/IT・通信系/男性

気持ちはこまめに言葉に出す

1ヶ月目の何をしても新鮮な気持ちが少し落ち着き、お互いを知る為にマメにとっていた連絡の回数も、1番盛り上がっている時期に比べるとやや減ってしまう時期のように思う。

なので私は、デートで何が楽しかったか、電話出来てどんなに嬉しかったか、シンプルに、でも素直にそのときの気持ちを伝えていた。

30代前半/IT・通信系/男性

会う回数を減らした方が飽きにくい

会う回数が減った方が長続きする気がします。社会人ならば2週間もしくは1ヶ月に1回程度が、一定の距離感があり会うのがワクワクする。

特に喧嘩もすることなく、時間に余裕があるので次のデートプランが立てやすいですし、マンネリ化もしないと思います。

30代前半/メーカー系/男性

会う回数をコントロールする

付き合ってから会う回数にもよりますが、どうしても始めは会う回数が多いと思います。

ですが、始めから会う回数をできるなら制御した方が会いたいけど会えないみたいな状態が新鮮さが長続きすると思います。また、たまには友人カップルと4人で出かけた方が良いと思います。

30代前半/サービス系/男性

言いたいことはきちんと言い合う

2ヶ月目にもっとお互いを知りたい、知ってほしいという気持ちから素を出してしまい喧嘩が増えました。

喧嘩は嫌でしたが、我慢ばかりの日々では長続きしないので思い切って言いたいことを言い合っていました。とことん話す方がおススメです!

20代後半/医療・福祉系/男性

同じ趣味を持つと良い

ダイビングが私たちの共通の趣味になり、定期的な講習や海での実習などがあるので必ず会うことになり、その時に一緒に勉強をしたりして助け合いながら、関係性を深めていくことが出来ました。

30代後半/自営業/男性

まとめ

今回は、実体験に基づいた交際2ヶ月目を乗り越えた方法20選を体験談してきました。

その他にも交際期間別で注意点と長続きの秘訣をご紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

【男女別】交際1年目カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際1年目カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際1ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際1ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際3ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際3ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際4ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際4ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際5ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

【男女別】交際5ヶ月カップルの注意点&長続きの秘訣20選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ