最高のミステリー小説おすすめ29選&読書家500人ランキング

謎が謎を呼ぶミステリー要素があり、読んだら誰もが「これが最高のミステリー小説だ!」と納得できる小説を読みたい時もありますよね!

誰もが知る名作から隠れた名作など、読書家が実際に読んで最高だと感じたミステリー小説と口コミを知りたい方も多いはず!

この記事では、読書家500人が選ぶ最高のミステリー小説29選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

最高のミステリー小説人気ランキング

最高のミステリー小説ランキング

まずは、最高のミステリー小説人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『読書家500人が選ぶ最高のミステリー小説』によると、1位は『白夜行(98票)』、2位は『アクロイド殺し(37票)』、3位は『そして誰もいなくなった(35票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、最高のミステリー小説を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/98人がおすすめ

【1位】白夜行

1,430円 (2021/06/23 09:11:13時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 東野 圭吾
出版社 集英社
発売日 2002年5月25日
価格 1,430円

伏線が随所に張られ、読む者の想像力を掻き立てる

被害者の息子・亮司と容疑者の娘・雪穂の二人が主人公です。

それぞれが子供の頃に負った心の傷をキーに、悲しく辛い過去をシェアし合うも、その後、別々の道を歩んでいきます。

しかし2人の周辺にちらつく数多の犯罪の跡など、物語の中には事件の伏線が随所に張られ、読む者の想像力を掻き立てる作品です。

美しい少女・雪穂の残忍さと、暗い目の少年・亮司、子供の頃の悲劇で心を無くし、成長してしまった子供は大人になるとどうなるのか、深く考えさせられます。

ふじおもふりさん/50代/女性


東野圭吾作品の魅力が凝縮されている

長編ミステリーで、文庫本になると少し及び腰になりそうな分厚さですが、あっという間に読み終えてしまいます。

時代背景は1980年代後半から1990年代初めごろにかけてですので、現在45~50歳後半ぐらいの方が読むと、「あぁ、そんな時代だったな」と郷愁をさそう一面もあります。

主人公は美しく頭脳明晰で、ゾクッとするような冷静さをもつ女性「ゆき」。彼女の周囲で数々の事件が起こり、人が亡くなるような事件も起こりますが、彼女が犯罪者か否かどこにも出てこず、匂わせの状態のままエンディングまで走って行きます。

ここまで書くとモヤモヤとしたままの小説のように感じるかもしれませんが、読破後に残るのは鮮やかな犯行への感動で、モヤモヤではありません。さすが、「はずれなし」と謳われる東野圭吾作品です。

人気作家故に、敢えて避けている方もいるかもしれません。しかし、白夜行だけはお読み下さい。この先、3回4回と読んでしまうことでしょう。

aya_tigerさん/40代/女性

必死に生き抜いていく少年少女の姿に引き付けられる

何度もドラマ化や映画化されてデフォルメされていますが、やはり原作が一番面白いです。

孤独で大人からの支援を受けられない少年と少女が、巧みに周りの大人を操って、周りに知られないように協力しながら、時には犯罪に手を染めて、必死に生き抜いていく姿に引き付けられます。

原作はとても軽快に進んでいき、ドラマや映画だと深刻さを増して違う作品になっているように感じます。

生きるために犯罪さえもいとわない軽快さが、強く生きていくために必要な暴走なのだと思いました。

わさかけさん/40代/女性

500人中/37人がおすすめ

【2位】アクロイド殺し

661円 (2021/06/23 20:56:24時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 アガサ クリスティー
出版社 早川書房
発売日 2003年12月1日
価格 1,056円

直接的な表現が多くて読みやすい

アガサ・クリスティ作の「アクロイド殺し」がおすすめです!

小説の面白みを引き出すのは、名探偵アポロ。名士であるアクロイドを殺した犯人を究明するストーリーです。

タイトルはかなり過激ですが、直接的な表現が多くて読みやすいので、初心者にもおすすめできます。

ラヴェンダーさん/30代/女性


当時としては掟破りのミステリーで、クリスティの感性と筆力を感じられる

アガサ・クリスティーの「アクロイド殺し」は古典ミステリーの名作だと思います。

ミステリー作品としては変化球です。

今では様々な作品にこのスタイルが使われたりしていますが、この作品が発表された当時は読者から賛否の声があったそうです。当時にネットがあれば、掟破りのミステリーということで炎上したのではないでしょうか(笑)。

アガサ・クリスティーがミステリーの女王と呼ばれる所以になった一作だと思っています。

nisiyamaさん/30代/女性

500人中/35人がおすすめ

【3位】そして誰もいなくなった

613円 (2021/06/23 18:16:50時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 アガサ・クリスティー
出版社 早川書房
発売日 2010年11月10日
価格 1,034円

謎だらけのストーリーを追う緊張感がたまらない

私が選ぶミステリー小説のおすすめ作品は、「そして誰もいなくなった」です。

とある孤島に呼び寄せられた数名の人物たち、誰に呼び寄せられたかわからず、次々と殺人が続く中、彼らを待ち受ける運命とは・・・。

謎だらけのストーリーを追う緊張感がこの小説を読む醍醐味です。

孤島に起こる事件にハラハラすること間違いなしです。

ラヴェンダーさん/30代/女性


最後まで誰が犯人かわからず、謎が謎を呼ぶストーリーに引き込まれる

結末がわかっているのに何度も読みたくなるのが「そして誰もいなくなった」です。

謎めいた招待状で集められた人たちが、過去に犯した罪をあばかれ、自分以外の全員を疑いつつ孤島で過ごす日々。絶望と少しの希望、「自分だけは」という根拠のない自信・・・。

「罪が軽い人から死んでいく」という設定も、残された人の追い詰められた心理状態に入って行けます。

新訳も出ているようですが、だいぶ言葉遣いがラフなので、個人的には旧訳のほうが好みです。

msmaki1002さん/50代/女性

500人中/34人がおすすめ

【4位】告白

640円 (2021/06/22 22:38:41時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 湊 かなえ
出版社 双葉社
発売日 2008年8月5日
価格 2,500円

だんだんと明らかになっていく真実が気になり一気読みしてしまう!

私が選ぶ最高のミステリーは、湊かなえさんの「告白」です!映画化もされた、かなり有名な作品です。

自分の子供を学校で亡くした女性教師の、「娘はこのクラスの生徒に殺された」というかなり衝撃的な告白から始まるミステリーです。

最初からかなりインパクト強めですが、女性教師に続くこの事件に関する同級生たちの告白で、どんどん明らかになっていく事件の顛末に目が離せません。

読み始めると途中では止めることができずに一気読みしてしまう作品です!

aqua1129さん/30代/女性

500人中/33人がおすすめ

【5位】容疑者Xの献身

770円 (2021/06/23 19:28:22時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 東野 圭吾
出版社 文藝春秋
発売日 2008年8月5日
価格 770円

複雑なトリックの裏に隠された犯人の動機が切ない

ただの推理小説ではなく、深い人間ドラマでもあります。

もちろんどんなトリックなのか推理することも楽しめるのですが、危険を冒してまで複雑なトリックを使わなければならなかった犯人の動機が切なかったです。

犯人がそれまでどれだけ孤独だったのかと思いました。

登場人物たちの心情に思いを馳せることで、より楽しめる作品だと思います。

わさかけさん/40代/女性

500人中/25人がおすすめ

【6位】十角館の殺人

946円 (2021/06/23 06:17:22時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 綾辻 行人
出版社 講談社; 新装改訂版
発売日 2007年10月16日
価格 946円

犯人が分かってから読み返しても面白い!

綾辻行人さんの「館シリーズ」の一作目になります。

無人島に建っている「十角館」という館で連続殺人が起き、その犯人を突き止める物語です。

私が好きな所は、トリックの凄さと、犯人を推理するための伏線がしっかり提示されていることです。そのため、一度読み終えて犯人がわかっても、読み返したときに伏線に気づいて楽しめます。

このように、何回読み返しても面白い作品です!

いーよー14さん/30代/女性

500人中/24人がおすすめ

【7位】すべてがFになる

869円 (2021/06/23 13:32:16時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 森 博嗣
出版社 講談社
発売日 1998年12月11日
価格 869円

論理的だが、コンピューターに詳しくなくても十分楽しめ、密室のトリックが想像を超える!

自分が最高だと思うミステリー小説は「すべてがFになる」です。

舞台は、優秀な研究者の集まるとある離島の研究所。訪れたのは女子大学生と助教授で、彼らは死体に遭遇します。

パソコンに残されていたのは「すべてがFになる」という謎の言葉。この言葉の謎を解決すべく、主人公たちの論理的な物語の展開が始まります。

そして最後に明らかになる研究所での真実と密室トリックに衝撃を受けました。

読み応えが凄いし、コンピューターに詳しくなくても十分楽しめる作品です。

coppe_maruさん/20代/女性


魅力的なキャラクターと圧倒的な理系ミステリーは読みごたえ抜群で、何度読んでも面白い

森博嗣の「すべてがFになる」をオススメします!シリーズの第一巻で、至高のミステリーと名高い作品です。

物語は、主人公の犀川先生と西之園萌絵が、大学のゼミ合宿で訪れた孤島を舞台に進みます。そこで起こる殺人事件に巻き込まれた二人が、謎を解くミステリーです。

驚愕な展開が続き、どんどん惹き込まれてしまいます。

森博嗣さんの描くキャラクターはどれも魅力的で、シリーズ通して面白いです。何度も読み返しているお気に入りの作品です。

Haru255さん/30代/女性

500人中/16人がおすすめ

【8位】流星の絆

1,012円 (2021/06/23 13:46:14時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 東野 圭吾
出版社 講談社; 12刷版
発売日 2008年3月5日
価格 2,100円

家族愛や絆についてしみじみと考えさせられる

ドラマ化もされ話題になりましたが、東野圭吾さんの流星の絆がおすすめです。

洋食屋の幼い3兄妹が、夜中に家を抜け出して流星群を見に行った帰り、家に戻ると両親が何者かに刃物で惨殺されていました。その後、養護施設で育った3人ですが、不運にも相次いで詐欺に遭い、強く生きるために自分たちも詐欺をするようになります。

ある日、新たな詐欺のターゲットに選んだ洋食チェーンの御曹司に近づきますが、その洋食チェーンのハヤシライスの味が自分たちの洋食屋の味とそっくりで、そこから両親を殺した犯人探しへとうつっていきます。

最後の最後まで犯人が分からず、暴かれた時の意外性、そして殺害の動機を考えると胸が苦しくなり、家族愛や絆についてしみじみと考えさせられました。

また犯人がわかった時の伏線回収が気持ちよかったです。既にドラマで内容がわかっていても、改めて小説として読むと違った面白さがあるくらい読み応えがあっておすすめです。

yknnnnnさん/20代/女性

500人中/14人がおすすめ

【9位】プラチナデータ

756円 (2021/06/23 13:32:16時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 東野 圭吾
出版社 幻冬舎; 第11版
発売日 2012年7月5日
価格 869円

近い将来に現実で起こる気がして、ゾワッとする

自分よりも天才、自分よりも遥かに長けた存在が『カラスは白い』といえば、誰もが白だと言う・・・。

AIに操られているような人間たちがそんな現状を覆そうとする姿や、次々に繰り出される謎に引き込まれる作品です。

いずれは近い将来で起こりそうな現実に恐怖しました。

真白シロさん/20代/女性

500人中/13人がおすすめ

【10位】白ゆき姫殺人事件

616円 (2021/06/23 19:39:23時点 Amazon調べ)
  • 読み応え度  :
  • 物語の満足度 :
  • ミステリー要素:
著者 湊 かなえ
出版社 集英社
発売日 2014年2月20日
価格 660円

色々な視点で考察しなければならないことを教えてくれる

実話をもとに作られた話ですが、1つの事件を色々な視点で考察しなければならないことを教えてくれます。

関係者の話だけではなく、犯人と被害者、双方の意見や考え方によって、事件の考察は変わります。

SNSで勝手に騒いでいる人は、一部の人の話を聞いただけ。本当に事件が起きた理由は、当事者しかわからないのではないでしょうか。

わさかけさん/40代/女性